www.saintlukeschool.org

年代で、ニキビもケアも大きく変わる

 思春期の頃は、おでこや鼻周り、いわゆるTゾーンにできる膿をともなう大き目のニキビに悩まされていました。
コチラでお求め頂けます→思春期ニキビにオススメの洗顔料←クリック
ほっぺたは乾燥する混合肌でした。20代まで、混合肌でオイリーな部分と乾燥の部分の差が激しかったです。
Tゾーンは日中は油とり紙と油浮きを抑えるパウダーを小まめにし、朝の化粧下地の前にアルコールが含まれている化粧水で殺菌消毒と油分オフというケアをしていました。

 

 30代になってからは小さ目のポツポツしたニキビが顎や口回りにできることが多くなっています。
逆に膿のあるニキビは減りました。肌全体の油分量が減ったのが実感できます。
そうすると乾燥で今度は小じわ等が気になるので、保湿・潤いケアを丁寧にします。

 

油分が多いからといって何度も洗顔をすると、オイリー肌は悪化するということを聞きました。朝の洗顔を石鹸などを使わずに、時々お湯だけにしてみました。その後に化粧水で軽く拭き取るようにパッティングすると、肌の汚れは気になりません。
その日の肌のコンディションによって、小まめにケアの仕方を変えていく習慣をつけているおかげか、ニキビに悩まされることは少なくなりました。
コチラをクリックして→ニキビーノ.comサイトまで